1 5月 2014

リステイング広告の効果はどうなの?

インターネットを検索するとき、検索結果画面の上部、もしくは下部や横に、サイトの紹介が表示されます。

これはネット上の代表的な広告で、リスティング広告と呼ばれるものです。

Yahoo!が提供するYahoo!リスティング広告や、Googleが提供するGoogle AdWords(グーグルアドワーズ)があります。

広告主は、準備した広告ごとに関連キーワードを設計し、ユーザーが、検索エンジンを利用した結果に対して、ヒットされやすいように工夫しなければなりません。

うまくヒットしてユーザーが、広告をクリックした場合に広告料金が発生する仕組みになっています。

広告料金は一定金額ではなく、対象ユーザー規模によって、クリック単価や広告料金の上限を広告主が決定します。

たとえば、世界を対象とする広告と地域限定の広告とでは、競争倍率が違ってきます。

地域在住者限定の広告なら、クリック単価が安くても案外上位に表示されますか、世界規模広告では、他の広告主よりも高額なクリック単価でなければ、検索画面で上位表示されることは難しいのです。

時代はインターネット社会に突入し、広告のあり方も今までとは大幅に変化しています。

リスティング広告を上手に活用できれば、売り上げも上がる可能性は大きいですが、活用しきれない場合には、広告料金ばかりが嵩むことになるようです。

合理的な広告手段ではありますが、それは、使い方次第ということのようです。

コメントはまだありません

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*